大型レンズ製作工程

ガラス製品の加工内容は多種多様で、全てをご紹介することはできません。こちらでは加工法の一例として、大口径レンズの製作工程をご紹介いたします。シマコルツでは、設計から加工、仕上げまでの一貫した生産システムを導入。お客様のニーズに合った最適な加工法をご提案いたします。

大型レンズ製作工程

1. 材料の切り出し・丸め
2. カーブゼネレータ加工

カーブゼネレータ加工材料に大体の曲率を付けます。

3. 砂かけ加工

砂かけ加工荒い砂から始めて、徐々に細かい砂にしながら、精密な曲面にしていきます。

4. 研磨加工

研磨加工砂かけ加工の砂目を抜いて表面を透明にします。
研磨加工は、面精度を決定する大切な工程です。

5. コーディング

コーディング真空蒸着にてレンズ表面に反射防止コートを施します。

↑このページの先頭へ

  • 光学製品のご依頼
  • ガラス加工のご依頼
  • ガラス素材の特徴
  • iPhone・iPad用液晶保護強化ガラス
  • 大型レンズの製作工程
  • 環境への取り組み エコアクション21

株式会社シマコルツ

ホームページ作成はこちら